神待ちサイト、大人の用途

生活 神待ちサイトというと、やはり主な女性利用者は、「女性」というよりはむしろ「少女」といったほうが間違いない年齢の女の子たちということになるでしょう。しかしそうは言っても、実を言うと「成人した女性」が神待ちサイトを利用するケースもけっこうたくさんあることはあるのです。そして、そういった女性が神待ちサイトを利用する理由として筆頭に挙げられるのが、「家出」ということになります。

家出をした女性や女の子が、やはり男性からの支援を目的として利用するサイトを、一般的には「家出サイト」と呼んだりするのですが、本来であれば「家出サイト」を利用するような目的でありながらも、神待ちサイトのほうを利用する女性はけっこうたくさんいます。あえてそうしているのか、あるいは家出サイトも神待ちサイトも同じであると考えてそうしているのかはわかりませんが、成人している女性が神待ちサイトを利用する場合には、圧倒的に「家出の際の援助」を目的としている女性が多いのです。

成人男性の場合、未成年の女の子とはちがって、ある程度はじめから「男性とのセックス」を視野に入れている人が多いようです。だからといって、そういう女性と簡単に肉体関係を結んでしまうと、後々法的に何らかの問題が及ぶ可能性がないとは言えないため、性欲だけにとらわれるのではなく、慎重な行動が男性には求められることになります。もちろん、性行為をするのであれば、そこにお金の移動が介在することは許されません。そうなると完全に、男性は「買春」の罪に、女性は「買春」の罪にそれぞれ問われることになりますので、要注意です。

「ネットカフェ代」をせがむ少女

せがむ 神待ちサイトを利用したことがある、とある男性の経験なのですが、その人いわく、「俺はもう神待ちサイトなんてつかわないよ。あんなとこつかってたら、もう気が滅入っちゃって滅入っちゃって・・・」とのこと。「いったい何があったの?」と話を促すと、「実はな・・・」彼は語り始めました。

なんでも、彼がやりとりをした相手は中学生の女の子だったそうですが、正直な話、彼は中学生の女の子であろうと何だろうと、若い女の子とセックスすることができるのであればそれでいいと考えて、神待ちサイトを利用したらしいのです。まあ正直とんでもないヤツなのですが、では、なぜそんな「おあつらえむき」の女の子とやりとりしながらも、「気がめいっちゃった」のか、気になるところですよね。

で、彼によればその理由は、相手の女の子は家出をしてきてしまって、頼る友達もおらず、誰かに泊めてもらいたいという、ここまではまさに彼の狙い通りということになったのですが、そこからその女の子の話では、「私と会って1500円ください」というのだそうです。彼はあわてて「1500円!?」と、自分の聞き間違いかと思ったそうです。理由を訊いてみると、「1500あればネカフェに泊まれておにぎり食べられるから」なのだとか。

その話を聞いて、彼はすぐに性欲が萎えていくのを感じたそうです。1500円欲しさに、リスクを冒して見知らぬ男性と会って、お金を恵んでもらう・・・ここは本当に日本なのだろうかと、心底驚いたそうです。

私もきっと、彼と同じ状況になれば、同じ気持ちになったと思います。そういう経験にも、神待ちサイトを利用していると直面することがあるのです。

神待ちサイトは甘くない!

甘くない 神待ちサイトを利用して、「人助け」をしたい男性は少なくありません。しかしそこは額面通りの「人助け」ではないのはもちろんです。やはり、男性からすれば助けてあげることによって大きなメリットがあるからこそ、神待ちサイトで「人助け」をしたいのです。「人助け」の内容は、たとえば家出してきて寝る場所に困っている女の子にそうした場所を提供してあげるとか、お腹を空かせている女の子にご飯を提供してあげるといった内容になります。そして、そうしたサポートをしてあげることのメリットが、「その見返りとして、女の子とセックスすることができる」というところにあるわけです。

もちろん、実際にそういった女の子とお望み通りの行為をすることに成功したという男性は多いです。実際に多いからこそ、口コミが口コミを呼んで、神待ちサイトが多くの男性の注目を集めるようになったといえます。ただ、ほんとうに女の子とそんなにうれしい関係を築くことができるのかというと、これに関しては、正直流動的な部分が大きいといわざるを得ません。

というのも、女の子のほうからすれば、「寝る場所」さえ見つかればよい、あるいは「ご飯」にありつけさえすればそれでよいという発想の子が多いです。ですから、「男性とセックスする」なんていうことはまったく望んでいない女の子も、実は神待ちサイトを利用しているのです。そうなってくると、今度は、男性がいざ「見返り」を要求したときに、きっぱりと「お断り」をされてしまうケースもかなり多いといえるのです。

ですから、男性からすれば、神待ちサイトはそんなに甘くはないのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ